その他公開日:2022年6月8日

経団連より2022年賃上げ平均額が公表され前年比1,886円増額の7,430円でした

経団連より「2022年春季労使交渉・大手企業業種別回答状況(第1回集計:2022年5月20日)」が公開されました。
調査対象は、原則として従業員500人以上の主要21業種大手252社で、うち集計対象となった会社は81社となっています。
2022年(令和4年)賃上げの総平均は7,430円であり、昨年実績5,544円と比較するとプラス1,886円の大幅増額になりました。
なお、製造業7,578円(前年実績5,762円)、非製造業6,735円(前年実績4,504円)という結果になっています。
【PDF】2022年春季労使交渉・大手企業業種別回答状況(日本経済団体連合会)
春季労使交渉/賞与・一時金 妥結状況(日本経済団体連合会)